ウォーターサーバーを自分でメンテナンスする方法

ウォーターサーバーを自宅に導入した後は、常においしい水を飲めるようにするために定期的なメンテナンスを行う必要があります。

ウォーターサーバーは、内部については専門業者にメンテナンスを依頼しなければなりませんが、それ以外の部分のメンテナンスであれば、持ち主自身の手で行うことは十分に可能です。ウォーターサーバーのメンテナンスを自分でやる場合、特に念入りに行う必要があるのは、蛇口やボトルの差込口です。



この2箇所は常に外気に触れていて、水で湿っているため、雑菌が繁殖しやすく、手入れをしないまま使用を続けていると、水質にも影響を及ぼします。


蛇口についてはこまめに、ボトルの差込口は新しいボトルと交換する際に、キッチンタオルや乾いていて綺麗な雑巾などで水滴や汚れを拭き取りましょう。

このとき、台所用のアルコール除菌スプレーがあれば、除菌剤を吹きかけて拭き取ることで、より良い仕上がりになります。

蛇口の下に設置されている受け皿についても、よくメンテナンスをするべきです。

受け皿は水だけでなく、ホコリもたまりやすい場所であり、蛇口などと同様に雑菌が繁殖しやすい場所です。



ウォーターサーバーの受け皿は簡単に取り外すことができるようになっている製品がほとんどなので、メンテナンスをする際はいったん外して台所用洗剤などで水洗いをし、水気がなくなるまで乾かしてから元に戻しましょう。



また、外装全体についても、綺麗なふきんなどをつかってホコリや汚れを拭き取る作業をできるだけ毎日行うと、設置当時と遜色ないくらい清潔な状態を維持することができます。