ウォーターサーバーの利用が向いている人とは

水を買う時代になって久しいですが、全国の名水を自宅に居ながらにしてサーバーから飲めるウォーターサーバーが人気です。


いつでもおいしい水がホット、コールドいずれでも簡単に飲めるというのも人気の秘密です。

元々は、オフィスなどで利用されていましたが、最近では、そのコストの安さから自宅で利用する人も増えてきました。
自宅をウォーターサーバーを利用するメリットとしては、前述の美味しい水がいつでも飲めるということ以外にも、重たいペットボトルを運ばないで済むようになるということもあります。

例えば、小さなお子さんがいるご家庭などでは、スーパーで2Lボトルを箱買いしたりしていましたので、自宅まで運ぶのも重労働であったわけです。



その点、ウォーターサーバーなら定期的に自宅に届けてもらえますので大変楽なわけです。このようなメリットのために自宅で利用する人が増えたのですが、もちろん、コストはかかります。

それもペットボトルの箱買いと比べたら結構高くなります。

また、原則として、定期配送が基本となりますので、毎月数千円が固定費となってかかってきます。企業にとっては非常においしいストックビジネスですが、家庭にとってはなるべく固定費は抑えたいものです。



この定期配送がネックとなって申し込みを躊躇している人も多いのではないでしょうか。

ということで、ウォーターサーバーの利用が適している人というのは、毎月一定額以上の金額をペットボトルの箱買いで利用している人ということになります。
少量では割に合わなくなりますので、そこそこの量を消費されている場合となるでしょう。