ウォーターサーバーにかかる費用の内訳

ウォーターサーバーの設置を考えた時に気になるのが、どのくらいの費用が必要になるのかということでしょう。単純に水の代金だけで比較してしまいがちですが、実際にはサーバー代なども含めて様々な費用が発生しますので、費用負担を考えるのであればその内訳を知ったうえで複数のウォーターサーバーメーカーを比較することが重要です。

まずウォーターサーバーにかかる費用として明確なのが水の代金とサーバー代です。



水はボトル単位で料金が決められていることが多く、1?あたり100円前後が一般的です。



またボトルの配送は無料としているメーカーが多いのですが、無料配送は2本以上などからといったように条件があるところもありますので確認を忘れないようにしましょう。またサーバー代は購入するのかレンタルにするのかによって変わってきますし、購入方法が一括払いか分割払いかによっても変わってきますので、どれが一番適しているのかを考えることが大切です。

次にサーバーを利用するには電気が必要となりますので電気代も考慮しておく必要があります。

月1000円前後が主流ですが、昨今は省エネタイプのサーバーも増えており、そうしたタイプであれば月350円程度に電気代を抑えることもできます。



最後に忘れてはならないのがサーバーのメンテナンス費用です。

無料でメーカーがメンテナンスをしてくれるところもありますが、定期メンテナンス代として年間費用の支払いが必要なメーカーも珍しくありませんので確認が大切です。
このようにウォーターサーバーは水代だけではなく、様々な費用がかかるものですのでコストを重視するのであれば、内訳を知って比較するようにしましょう。